Recent Posts

洞窟にある複数の骨は儀礼によるもの:ベリーズ

洞窟にある複数の骨は儀礼によるもの:ベリーズ

マイケル・プラウト(Michael Prout)とカリフォルニア州立大学の調査によって、ベリーズの洞窟内で確認された複数の子供の骨は、儀礼によるものと研究結果が発表されました。

このように複数の骨が集中して確認される場所はほかにもある。メキシコなどのセノーテなどがその例だと思います。今回の研究のポイントは実際にそこにある骨が儀礼時に死亡したものなのか、それともそれ以前に病気などで死んだ人を洞窟に埋葬したのかを確認した点です。それによりこの研究によって儀礼の実態が明確にわかってくるのです。


◆洞窟の骨の結果は?


・骨の数は、2008年から2010年までの間に調査確認された人間の骨の数は、9,566本
・少なくとも114体分の骨が確認されている。
・60体ほどは、子供(14歳以下)のものであった。
・病死などは確認されていない。

◆骨はなぜの洞窟に埋葬されたのか?

現在の研究では、このような洞窟や池などへの儀礼は、チャーク神(Chaac)という雨、水、雷の神にささげられたと考えられています。先ほどの結果から、病気などではないので、儀礼によって洞窟に置かれたものと考えられるのかもしれません。

◆洞窟(Midnight Terror Cave)の場所


(参照: http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3000870/Was-Midnight-Terror-Cave-child-trafficking-network-Human-remains-suggest-Mayans-sacrificed-young-gods-Belize-underworld.html https://www.sciencenews.org/article/belize-cave-was-maya-child-sacrifice-site?tgt=nr)


洞窟にある複数の骨は儀礼によるもの:ベリーズ 洞窟にある複数の骨は儀礼によるもの:ベリーズ Reviewed by ixbalanque on 10:43 Rating: 5

0 件のコメント:

サイト内検索

Powered by Blogger.