Recent Posts

今までのマヤ社会の認識と異なる発見(エリート層による統制に関して):エルサルバドル(ホヤ・デ・セレン)

今までのマヤ社会の認識と異なる発見(エリート層による統制に関して):エルサルバドル(ホヤ・デ・セレン)

エルサルバドルにあるセレン遺跡の調査結果により、エリートによる完全的な支配による社会ではない可能性があると、「Latin American Antiquity」にて発表がされました。
http://www.scientificamerican.com/article/archaeological-finds-in-el-salvador-tell-a-whole-different-tale-about-maya-society/

一般に言われるエリート層による統制というものが、セレンにおいては、住民自身による決定権(自由)があったと発表がされています。セレンで確認される農耕の痕跡は、標準化されたものでなく、独立性のあるものだったそうです。そのため均一な統制ではないという説明です。
またセレンでは、土地の材料ではない土器や装飾品(ヒスイ)も確認されていますが、この件についても、独立した取引運営がされていたと発表しています。(エリート層は認識はしているが、強い統制は行ってはいないという見解)

この研究結果により、また違ったマヤ社会の存在が考えられるとのことでした。当然、中心となる中央センターからの距離など色々な面を考慮されるものと思いますが、マヤ社会がどのようなものであったのか、とても気になるところです。

(http://www.scientificamerican.com/article/archaeological-finds-in-el-salvador-tell-a-whole-different-tale-about-maya-society/)


今までのマヤ社会の認識と異なる発見(エリート層による統制に関して):エルサルバドル(ホヤ・デ・セレン) 今までのマヤ社会の認識と異なる発見(エリート層による統制に関して):エルサルバドル(ホヤ・デ・セレン) Reviewed by ixbalanque on 22:13 Rating: 5

0 件のコメント:

サイト内検索

Powered by Blogger.