Recent Posts

ベリーズ:マヤの水の神のための神殿を発見(カラ・ブランカ遺跡(Cara Blanca))

ベリーズ:マヤの水の神のための神殿を発見

ベリーズのカラ・ブランカ遺跡(Cara Blanca)にて、マヤの水の神にささげた神殿を発見したと報告しています。
この神殿は、水の神や地下の神のために、池(セノーテ)の近くに作られたと、考古学者(イリノイ大学:リサ・ルチェロ(Lisa J Lucero))とアンドリュー・キンケラ(Andrew Kinkella:カリフォルニア州ムーアパーク・カレッジ) は報告しています。
(http://news.nationalgeographic.com/news/2015/01/150127-maya-water-temple-drought-archaeology-science/)

セノーテの調査から、旱魃の時期に、供物の増加があったと指摘しています。古典期マヤの終了時期に関しては、他の調査からも西暦800年ごろにマヤ都市国家の衰退が指摘されています。
今回の調査結果により、旱魃を防ごうとして、雨の神(チャーク)への信仰が高まっていたとしてきしています。


詳しくはコチラ↓
・ナショナルジオグラフィック
http://news.nationalgeographic.com/news/2015/01/150127-maya-water-temple-drought-archaeology-science/

・ケンブリッジ大学ジャーナル
http://dx.doi.org/10.1017/S0959774314000730

ベリーズ:マヤの水の神のための神殿を発見(カラ・ブランカ遺跡(Cara Blanca)) ベリーズ:マヤの水の神のための神殿を発見(カラ・ブランカ遺跡(Cara Blanca)) Reviewed by ixbalanque on 10:00 Rating: 5

0 件のコメント:

サイト内検索

Powered by Blogger.